機能: Fedibirdのサークルは指定フォロワー限定投稿

Mastodon/Fedibird
概要

先日、のえるがFedibirdのサークル機能について紹介しており、後々見返せると便利だろうと思ったので紹介します。

avatar

Fedibirdにあるサークルっていうのは、

・もともとMastodonで実装するつもりで開発されたもの(基礎のコードはEugenさんが書いた)

・サークルを連合させる基本機能(Bearcaps)は既に実装され、Mastodonに組み込まれて普及している

・Mastodonで開発を進めたが、見込んでいた形に落とし込めなかったので結局実装されなかった

・Fedibirdにあるコードは、その最終状態のものの生き残り(終盤のコードはほとんど私がかいたため)

・自分が指定したフォロワーにだけみえる投稿ができる機能(送信相手はフォロワーである必要がある)

・サークルは事前定義できるが、投稿時点の内容が使われ、あとで変更しても遡及して反映されない

・受け取ったフォロワーは、他に誰がこの投稿をみることができているのか、一覧が提供されないのでわからない

・返信すると、投稿者のサーバを通して、その元投稿の受信者に配送される(誰に届くかは元投稿者以外はわからない)

・Bearcapsだけ実装しているMastodonには連合を通じて届く(フォロワー限定にみえる)

・Fedibirdの『相互フォロー限定』は、投稿時点の相互に対するアドホックなサークル投稿

サークルときくと、Google+を思い浮かべる私ですが、中身は「Twitter: 公開範囲指定の新機能「Twitterサークル」 | GNU social JP」と同様の、指定フォロワー限定投稿です。なお、Twitterサークルは「Twitter: 閲覧制限続行、ログイン必須解除/X改名/TweetDeckの新版、Community Noteの日本開始、広告収益分配プログラム開始、サークル廃止 | GNU social JP」で紹介した通り、2023-07-08に廃止予告がありました。

Fedibirdの公式?情報としては「マストドンのサークルとコミュニティの話 – noellabo’s tech blog」で紹介されています。基本的な機能は以下です。

機能
  • 指定フォロワー限定投稿。サークルに配信先フォロワーを登録しておき、サークルに投稿することで、指定フォロワー限定投稿を実現。
  • 受信者は他の購読者の把握不能。
  • サークルに返信すると、元投稿者とサークル登録者が閲覧可能。
  • サークル参加者は投稿時点の内容が使われ、変更しても過去に遡及して反映されない。

有名人やアーティストがフォロワー限定投稿実現に役立つ機能です。有料会員限定投稿など、収益化機会の提供にもうまくやれば応用可能な基本機能です。

Fedibirdではサークル機能を使って、投稿時点の相互フォローにだけ配信される「相互フォロー限定」機能もあります。

以下のソフト・サーバーはサークル機能に対応しています。

残り16040文字。続きはSilver/Gold会員限定。

Free=0/Bronze=220/Silver=1100/Gold=2200円。

会員登録/ログイン (About Member)。

Mastodon/Fedibird visibility/Silver
Share
gnusocialjpFollow
GNU social JP Web

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL