Twitter: 公開範囲指定の新機能「Twitterサークル」

Twitter/feature

概要

以下の投稿にあるように、2022-08-31からTwitterが指定したグループにだけ投稿する「Twitterサークル」の新機能を開始したので取り上げます。

情報源

使用方法

Twitterサークルの使用方法を記します。

[ツイートする] を選ぶか、ホーム画面の上部から投稿する際に、左上の投稿先を選びます。

以前までは [全員] か [コミュニティ] しか選べませんでしたが、ここに [Twitterサークル] が追加表示されています。

[Twitterサークル] を選んで投稿すると、投稿は以下のように緑色のバッジが表示されて、自分とサークル内ユーザーにのみ表示されます。

Twitterサークルへの投稿とその投稿への返信の両方が、自分とサークル内ユーザーに限定されます。

サークルの追加・削除は相手には通知されず、サークルメンバーは自分だけがわかるようです。

投稿の埋込もできず、パーマリンクを外部ユーザーが表示すると、[このツイートは表示できません。] と表示されて閲覧できません。

Twitterサークルは1個だけで、150人まで追加できます。

用途

投稿を特定ユーザーに限定できることから、フォロワー限定投稿、友達限定投稿に近い使い方ができます。分散SNSでの、ローカルタイムライン限定投稿やグループ限定投稿、あるいはDMの多人数版というイメージだと思います。

サークル内ユーザーに画面キャプチャーを取得されたらあまり意味はありませんが、表立っては書けないような内容、複数の知り合い限定のチャットのようなイメージで使うと便利かもしれません。

Twitterサークルにより、公開アカウントと非公開アカウントを分けなくて済む人もいるかもしれません。

結論

Twitterの新機能のTwitterサークルを取り上げました。

管理人は元々Google+ユーザーだったこともあり、「サークル」という言葉を見て、Google+を思い出しました。サークル限定投稿ができるという点だけGoogle+と同じでした。Google+ではサークルは好きなだけ作れたので、やや違いました。

機能としては、フォロワー限定投稿、LTL限定投稿、グループ限定投稿のようなもので、グループDMに近いと思いました。

Twitterは元々匿名ユーザー同士のサービスだったと思いますが、時間が経ってFacebookのように同じ所属同士や、親しい仲間内同士のユーザー・ユースケースが増えたのでしょう。

久しぶりのTwitterの新機能ということで目新しかったです。管理人はあまり恩恵は受けられませんが、何か機会があれば活用したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました