機能: TikTokのEUのデジタルサービス法 (DSA) 対応の新機能発表はSNS大企業では一抜け?

centralized/TikTok

違法コンテンツの排除を義務付けるEUのデジタルサービス法 (Digital Services Acts: DSA) に対応するための新機能をTikTokが発表したので紹介します (TikTok、新機能を発表 EUのIT規制強化に対応 | ロイター)。

2023-08-04 Friに「An update on fulfilling our commitments under the Digital Services Act | TikTok Newsroom」で発表されました。

具体的には今後数週間以内に以下の機能をEU向けに導入します。

  1. 追加の通報オプション (2023-08-08T16:30+09:00 Tue時点ではリンク切れ)。
  2. コンテンツモデレーション対応時の詳細情報・異議申立方法の提供 (Content violations and bans | TikTok Help CenterCommunity Guidelines | TikTok)。
  3. レコメンド機能の無効化オプションの提供。
  4. 10代向けのパーソナル広告の非表示。

EU DSAは「記事: ThreadsとEU規制の理解で見えるMetaのActivityPub対応の思惑 | GNU social JP」でも紹介しました。SNSの大企業では違法コンテンツの対策が義務となっており、各社がDSAの対応に苦心しているようです。

TikTokの今回の機能発表では1が直接該当すると思われます。この分野ではTikTokが一抜けで最初の対応発表に感じます。

今後、MetaやX/Twitterも同様の対応機能を発表することが予想されます。あるいは、既に実装されているかもしれません。いつどういう機能を発表するのかを見守ります。

centralized/TikTok visibility/public
Share
gnusocialjpFollow
GNU social JP Web

Comments

  1. This Article was mentioned on web.gnusocial.jp

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL