LGBT: J. K. RowlingのTERF非難への反論による炎上

politics/LGBT

2023年1月末にファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの著者のJ. K. Rowling (J・K・ローリング) (本名: Joanne Rowling) が、TERF (trans-exclusionary radical feminist=トランス排除的ラディカルフェミニスト) という自身への指摘に反論する投稿を行って、炎上していたようなので紹介します (J・K・ローリングが「黙れトランス排除フェミニスト」と銃を向けるアニメキャラの画像をツイートして炎上、「トランス排除との非難は反女性参政権と同等」と示唆 – GIGAZINE)。

時間が経ってしまいましたが、今後のLGBT関係の主要人物の動向として記録しておいた方がよく感じたので、投稿しました。

まず、J. K. Rowlingはフェミニスト (女性解放思想、男女の権利の平等化、女性の権利拡張) として有名な人物だそうです。ただし、トランスジェンダー女性 (生物的男性) には否定的で、LGBT支持者からはトランス差別主義のフェミニスト (TERF) との批判も受けていたようです。

これを踏まえて、2023-01-29に以下の投稿を行いました。

「同じたわ言、違う世紀」というメッセージです。

左の画像は拷問器具のようなもので拘束された女性で、右側は黙れTERFとの文言と拳銃のアニメ画像になっています。テレビアニメのゾンビランドサガに登場する「星川リリィ」というキャラクターを編集したものだそうです。この星川リリィは見た目は女性ですが、肉体的には男性という設定であり、トランスジェンダーの文脈で言及されることがあるようで、TERF非難時の (ネタ) 画像として使われているようです。

このメッセージは、J. K. Rowling自身へのTERFという非難は、昔の女性差別と同じだという、LGBT支持者から反LGBTへの非難への反論だったようです。

欧米ではLGBT支持派が多いようで、元々フェミニスト、反LGBTで有名だったので、今回の投稿を受けて炎上したようです。

因果関係は不明ですが、「mastodon.lolの終了予告 | GNU social JP」で紹介した通り、mastodon.lolの閉鎖発表直前に、J. K. Rowlingへの言及があり、この炎上騒動の延焼があったのではないかと私は推測しています。

個人的には、この投稿だけで、そこまで炎上するようには思えませんが、日本と欧米、当事者とそれ以外では温度感が違うのかもしれません。

なお、余談ですが、ハリー・ポッターの映画でヒロインのハーマイオニーを演じるエマ・ワトソン (Emma Charlotte Duerre Watson) もフェミニストとして有名ですが、こちらはLGBT容認のようです。

私のイメージでは、フェミニズムというのは女性解放運動というのが根底にあり、伝統的な女性の価値観の尊重という、どちらかというと保守的なイメージでした。ただ、人権保護という視点もあるようで、LGBTの賛否や左右の立場で意見が分かれているようです。

今後LGBT関係の話題でまた目にすることもあるでしょうから、この機会にJ. K. Rowlingを覚えておこうと思います。

politics/LGBT visibility/public
Share
gnusocialjpFollow
GNU social JP Web

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL