取材: 「Mozillaが分散SNSの将来に賭ける理由」で明かされる今後のMozillaの予定

interview/other
概要

前回: アプリ: Mozillaが支援するMastodon iOSアプリMammothのOSS化 | GNU social JP Web

mozilla.socialの秘密の登録開始→日本人大量殺到→登録終了 | GNU social JP Web」でMozilla.socialの話題を紹介したきりだったMozillaに、分散SNSに関する取材記事があったので紹介します。

上記投稿で私は認知しました。他の作業に忙しくて紹介が後回しになっていました。

2023-11-04の「Why Mozilla is betting on a decentralized social networking future | TechCrunch」が報道元です。

要点は以下です。

  • 過去10年のSNSの歴史を検討した結果不満だったのが介入理由。
  • 目標はFediverse自体の牽引の支援。
  • オンボーディング、パブリッシャーの参加に課題があり注力。
  • 2024年を通じて多くの拡張・実権を予定しており、一般公開は未定。
内容

Firefoxブラウザー、Pocketリーダー、その他アプリを開発するMozillaは現在分散SNSにエネルギーを投資しています。

現在、ソーシャルネットワークの多くは大企業に運営されており、広告主が料金を支払います。これにより、利益追求で、消費者がおざなりになる世界が生み出されたとMozillaは考えています。もっとよい方法があると信じており、今がその投資に最適な時期だと信じています。

Mozillaコンテンツ担当シニアディレクターのCarolyn O’HaraがMozillaがActivityPubの分散SNS (Fediverse) とMastodonに関心のある理由と、今後の予定を話しました。

まず、「報道: サードパーティー製Twitterアプリ禁止、日本でのTwitter Blue開始、ElonJet関係の凍結・他のSNSの誘導禁止→撤回、ツイート表示回数表示、 #TwitterFiles の5-16弾 | GNU social JP Web」にあるように、2022年12月にFediverse参入を発表しました。その後、2023年5月に「MozillaのMastodonサーバーmozilla.socialのプライベートβの告知 | GNU social JP Web」でMozilla.socialのプライベートβ版を開始しました。

Mozillaの取り組みの成果は「MozillaSocial · GitHub」で公開されています。特に、Mozilla.socialのWeb UIにElkのフォークを採用している点が興味深いでしょう。

残り5374文字。続きはBronze/Gold/Silver会員限定。

Free=0/Bronze=220/Silver=1100/Gold=1980円。

会員登録/ログイン (About Member)

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL