プラグイン: WordPressの広告ブロッカー対策CHP Ads Block Detector

operation/site
概要

前回: WordPressのfunctions.php類への設定一括管理プラグインWPCode | GNU social JP Web報道: WordPressの公式ホスティングサービスWordPress.comのActivityPub対応 | GNU social JP Web

久しぶりのWordPress関係のTipsです。「告知: 会員サービス改定2024-01 | 更新縮小内容、広告ブロッカー対策設置、会員限定対象見直し | GNU social JP Web」で告知した通り、「告知: 月末Silver以上会員10人未満での更新大幅縮小予告 | GNU social JP Web」で、会員登録を呼びかけましたが、結局集まりませんでした。このことから、課金はハードルが高いのだろうと思いました。課金のハードルが高いなら、したくはないものの、しかたがないので、「YouTubeの広告ブロッカー無効化モーダルの表示開始 | GNU social JP Web」のように私のサイトにも広告ブロッカー対策を導入して、課金か広告閲覧の2択を要請することにします。

そこでWordPressでの広告ブロッカー対策プラグインを調査しました。「【WordPress編】広告ブロッカーからサイトコンテンツと収益を守る! | SEの良心」がとても参考になったので、これをもとにCHP Ads Block Detector (CHP Ads Block Detector – WordPress plugin | WordPress.org) を導入したので紹介します。

設定

インストール・有効化すると [Adblock] のメニューが追加され、広告ブロック時のメッセージなどを設定できます。

設定項目は以下となります。

  • Enable=☑: 広告ブロッカー対策のオン・オフ。
  • Title=Ads Blocker Detected!!!: モーダル題名。
  • Content=<p>We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.</p>: モーダル本文。
  • Width (in %)=40: モーダル横幅。
  • Show Refresh Button=☑: 更新と表示可否。
  • Refresh Button (Text)=Refresh: 更新ボタンの文字。
  • Show Close Button=□: モーダルのクローズボタンの表示可否。
  • Close Button (Text)=Close: モーダルのクローズボタンの文字。
  • Include in Header=□: HTMLのheader包含可否。
  • Minify JS=☑: JavaScriptの圧縮可否。
  • Branding=☑: CHP Ads Block Detectorのロゴ表示可否。

デフォルトだと、閲覧者の広告ブロッカーがを検知して以下のモーダルを表示します。

デフォルトの設定で基本的には申し分ないので、日本人と外国人の両方に対応できるように、以下のように文字だけ日英併記します。

残り206607文字。続きはBronze/Silver/Gold会員限定。

Free=0/Bronze=220/Silver=1100/Gold=1980円。

会員登録/ログイン (About Member)

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL