WordPressのfunctions.php類への設定一括管理プラグインWPCode

WordPress/other
概要

機能: WordPress Paid Memberships Proでの会員の広告設定 | GNU social JP」で使用した「WPCode – Insert Headers and Footers + Custom Code Snippets – WordPress Code Manager – WordPress plugin | WordPress.org」があまりにも便利だったので今後のために紹介します。

こちらのプラグインは元々WPBeginnerの「Insert Headers and Footers」という名前のプラグインでした。今はWPCodeに改名したようです。

元々、WordPressのヘッダーとフッターに任意のコードを挿入するためのものだったようですが、現在はそれに加えて、コードスニペットを保存・適用する機能があります。このコードスニペットの適用範囲でヘッダーとフッターも指定でき、上位互換的なものになっています。

このコードスニペットが非常に強力で、HTMLだけでなく、PHP/JavaScript/CSSも配置できます。特にPHPに対応しているのが素晴らしいです。

WordPressで機能を追加・修正する際は、プラグインを設置するか、WordPressのテーマファイルのfunctions.phpなどを修正する必要があります。ただ、テーマファイルを編集する場合、テーマを切り替えると設定を移し替える必要があったり、普段編集しないので、どういう設定をしたか忘れがちです。

WPCodeを使うことで、functions.phpを直接編集する必要がなく、テーマ切替時の引継も可能です。管理画面から機能別にオン・オフも変更できます。functions.phpの編集は個人的に気が重いものだったのですが、WPCodeを使うことで気軽に編集できます。これが非常に素晴らしいと思いました。

今回紹介時点ではv2.0.10でした。

画面

WPCodeを設置・インストールすると、メニューに [Code Snippets] が追加されます。これを選ぶと [All Snippets] 画面が表示されます。これがスニペットの管理画面です。

デフォルトで [Completely Disable Comments] と [Display a message after the 1st paragraph of posts] が無効状態で登録されています。

スニペット名、著者、適用先、日付、タグ、ステータスの列があります。

[Add New] を選ぶとスニペットの種類の選択画面になります。

いくつか人気のスニペットがあるようでそこから選ぶこともできます。が、基本は左上の [Add Your Custom Code (New Snippet)] を選ぶことになります。

[Create Custom Snippet] 画面が表示されます。こちらでスニペットを登録します。各項目を簡単に説明します。

  • Inactive: プラグインの有効可否。デフォルトはオフ。
  • Add title for snippet: スニペットの名前。管理用。
  • Code Type: コード種類。HTML/Text/PHP/JavaScript/CSSなどから選べる。PHPを選べることが重要。
  • Code Preview: コードの記述欄。
  • Insertion
    • Insert Method: スニペットの挿入方法。[Auto Insert] は自動挿入。[Shortcode] はショートコード配置時のみ有効。基本はデフォルトの [Auto Insert] で問題ない。
    • Location: スニペットの適用先。Code Typeによって選択肢が変わる。

重要な設定項目は以上です。functions.phpへの修正相当を行う場合、Code Type=PHP Snippet、Location=Run Everywhereを指定すればよさそうです。

他によく使いそうなのは [Header & Footer] です。

[Global Header and Footer] 画面が表示されます。head要素とbodyの開始直後、終了直前にHTMLコードを記述できます。PHPコードは記述できないので注意が必要です。おそらく、この画面は元々の「Insert Headers and Footers」の機能なのだと思います。ただ、現在はCode Snippetの適用先で対応でき、スニペット単位でオン・オフできるので特に使う必要はないと思います。

結論

WPCodeプラグインの紹介でした。

このプラグインを使うことで、functions.phpへの修正をこのプラグインで一元管理でき、気軽にfunctions.phpへの機能修正を試せます。WordPressを使いこなすうえで、非常に便利なプラグインで、個人的に必須プラグインに感じました。

他にも [Tools] でWPCodeの設定をインポートエクスポートしたり、いろいろできるようです。が、私が使いこなせていないので、必要になった時点で情報を追記します。ひとまず、スニペット機能さえ使えれば、それで十分です。

サイト内でfunctions.phpへの修正が必要になったらWPCodeで全て対応することにします。

Comments

Copied title and URL