記事: Bluesky懐疑論への回答

protocol/ATP/Bluesky
概 要

The Roundup – episode 21 – The Fediverse Report」で、2023-06-01に公開さ れたBlueskyに関する記事「Is Bluesky Billionaire-Proof?」が紹介されていました。

この記事の内容が重要に感じたので紹介します。Bluesky運営チームに対して、重要な質問がBluesky上であり、それらを通じて Blueskyが何であるかを考えるという内容でした。

少々長いので要点を以下に整理します。

概要
  • Q. Bluesky PBLLCの所有者は?→創業チームメンバー。
  • Q. Twiterとの関係は?→Twitterへの借りは一切なく完全に独立。
  • Q. PBLLCの意味は?→PBはPublic Benefit (公益)。設立が短期間になることと、利益より使命を追求した場合に株主が訴訟できないためこの形態を選択。
  • Q. ビジネスモデルは?→数週間以内に公式ブログで説明予定。現状は、広告や有料購読サービスなどの可能性がある。
  • Q. 買収への対策は?→アカウントポータビリティーがあるので買収されても他のサーバーに移動すれば問題ない。

2023-06-05に「Twitter の引っ越し先候補「Bluesky」を所有しているのは誰か?もしTwitterのように億万長者が買収しても大丈夫なのか? – GIGAZINE」でも紹介されていました。

Is Bluesky Billionaire-Proof?

Elon MuskのTwitter買収後、Twitterの古いコミュニティーの多くが、Mastodonには移行しなかったものの、Blueskyに登場してい ます。

Mastodonと異なり、Blueskyはサーバーの選択が今はなく、既存のSNS利用者にはなじみやすいです。

これらの2のプロジェクトには、運営元が違います。Mastodonは粗雑な非営利団体ですが、Bluesky PBLLCは営利目的のスタートアップです。Mastodonは複数のサーバーが連携するネットワークですが、Blueskyは現状1個だけです。

MastodonのユーザーがBlueskyの話題が出ると防衛的になるのは、これらが理由です。「なぜあなたは寡頭政治の製品テストを手 伝うのか?」議論がある中でも、Blueskyがどう運営されているのか、運営元が何を目指しているのかには、純粋な懸念があります。という のも、現在Blueskyに在籍しているJack Dorseyは、当時自分がCEOだったTwitter社からの1300万USDでBluesky PBLLCを始めたからです。

Blueskyの歴史と取り決めには以下の疑問が生じます。

  • Bluesky PBLLCの所有者は誰?
  • Jack Dorseyの役割は?
  • ビジネスモデルは?
  • Bluesky PBLLCを誰かが買収・破壊を防止可能か?

これらの疑問への回答が、Bluesky上の従業員の投稿でありました。Bluesky懐疑論者向けにこれらの回答をいくつか紹介します。

残り21370文字。続きはSilver/Gold会員限定。

Free=0/Bronze=220/Silver=1100/Gold=2200円。

会員登録/ログイン (About Member)。

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL