速報: イギリス首相リズ・トラスの就任わずか45日での辞任表明

politics/news

過去にサイトでも「速報: イギリス新首相リズ・トラスの就任 | GNU social JP」で紹介した英首相のリズ・トラス (Liz Truss) が、就任わずか45日での辞任を表明し話題だったので紹介します。

情報源

イギリス首相のLiz Trussが2022-10-20に辞任を表明しました。首相就任わずか45日での表明であり、在任期間はイギリス史上最短の見通しです。辞任を受けて、28日に党首選挙を行う予定とのことです。

経済政策で混乱…英トラス政権の支持率7%まで低下 辞任論高まる」にある通り、2022-10-17には政権発足からわずか1か月で支持率がわずか7 %と記録的な低さとなっており、辞任論が高まっている中での発表でした。

支持率低下・辞任の背景となっているのは、就任前から掲げていた減税政策の失敗が原因のようです。エネルギー価格高騰やインフレに国民が苦しむ中、その対策として大型減税政策を実施しました。しかし、歴史的なポンド安など経済混乱を招き、わずか3週間でほぼすべてを撤回しました。

減税政策の柱の一つは「法人税率引き上げ凍結」など企業や富裕層を意識した内容でした。これは、格差拡大につながるため、アメリカ首相のバイデンの反対意見や、IMFが再考を求める指摘をしていました。結果的に、財源の不明確な減税策は市場の不信感を招き、イギリス国債やポンドが下落しました。さらに、イギリス中央銀行はインフレ対策で金融引き締めを続ける中、金融緩和につながる長期国債の買い支えを実施せざるを得ないなど、迷走していました。

今回の辞任はトラスのみの責任ではありません。当選前から減税を掲げており、それを支持した党員にも問題がありました。物価高に苦しむ一般党員が目の前の「減税」の響きに引かれたのはやむを得ない面があります。ただし、財源を明確に説明せず、経済成長で借金を返済できるという回答をしており、これに対する野党からの「無責任」という批判・懸念が的中した形になりました。

インフレへの対策としてのやりとりが以下にあったので引用します。

GNU social JP管理人 (gnusocialjp@gnusocial.jp)’s status on Friday, 21-Oct-2022 12:08:46 JSTGNU social JP管理人GNU social JP管理人
物価高対策は、減税すれば解決という簡単な問題でもないようです。

減税を掲げて当選しただけに不憫ですね…

英国のトラス首相が辞任表明 大型減税策で市場混乱

英国のトラス首相が辞任表明 大型減税策で市場混乱 | 毎日新聞
 英国のトラス首相は20日、辞任を表明した。首相就任後に打ち出した大型減税策が市場の混乱を招いた責任を取る形で、退陣に追い込まれた。  9月6日に就任したトラス氏は同23日、物価高対策として減税総額が5年間で約450億ポンド(約7兆6000億円)に上る減税策を発表した。だが大規模減税による財政悪化へ
ミッキー・ハット(宗教団体真メグデス) (mickeyhat@pawoo.net)’s status on Friday, 21-Oct-2022 12:19:10 JSTミッキー・ハット(宗教団体真メグデス)ミッキー・ハット(宗教団体真メグデス)

私も減税が正しいかなと思ってたからビックリしたわよ減税するとインフレが加速するっておかしくね。
日本だと、補助金が出たから旅行会社が値上げするみたいなヤツよね。ビジネスの構造がおかしいつーか、残酷になってる。これはやっぱり内戦起きてもおかしくない気もするんだけど。アメリカどうなるんだろうね。 https://pawoo.net/media/X4BxQipcxxKyj7xAY84

GNU social JP管理人 (gnusocialjp@gnusocial.jp)’s status on Friday, 21-Oct-2022 13:07:34 JSTGNU social JP管理人GNU social JP管理人
一般的に、減税でインフレ加速は論理的です。減税することで消費が刺激され、消費意欲・需要が高まるからです。

インフレ時は金利などを高めて、購買・消費意欲を落とすというのが一般的な対策です。

補助金などでお金をばらまくと資金の流通量が増えてインフレが加速します。

デフレ局面では減税もばらまきも正解だと思います。

今は資源の物価高によるインフレなので、政策としての正解はよくわかりません。

回答したとおり、一般的に減税や補助金などのばらまきはインフレを加速させる効果があり、増税や金利上昇はデフレの効果があります。そのため、インフレ対策としての減税は逆効果だった可能性があります。

国民からすれば、いつの時代も減税・ばらまきは魅力的で、増税は忌避される政策です。政治家も国民の支持獲得のために、耳障りのいい減税・ばらまきばかりが強調され、増税はおざなりになります。

今回の辞任は、減税によるインフレ対策という幻想を打ち砕くものになったことでしょう。減税・ばらまきが常に問題解決になるわけではなく、逆に問題を悪化させることもあるという教訓になったと思います。

イギリスの次期首相や世界的なインフレへの対応について動向を見守っていきます。

コメント

  1. […] 今回の就任は「速報: イギリス首相リズ・トラスの就任わずか45日での辞任表明 | GNU social JP」で紹介した通り、前任のリズ・トラスの辞任表明を受けてのことでした。28日の党首選挙予定 […]

タイトルとURLをコピーしました