公式: Blueskyの連合機能の概要

protocol/ATP/Bluesky
概要

2023-05-05にBluesky公式記事「Federation Architecture Overview – Bluesky」が投稿されたので紹介します。以下の公式アカウントでも告知されていました。

分散SNSが分散たる所以の肝心の連合 (federation) 機能の概要となります。

Federation Architecture

まもなく許可リストに登録されたサーバーとAT Protocolの連合のテストを開始するサンドボックス環境を開始します。このリリースに先立って、設計上の決定に関する技術的な詳細をいくつか共有します。

おおまかにいうと、連合とは自分のサーバーなど、AT Protocol自体を構成する部分を誰でも実行可能なことを意味します。サンドボックスモードは、実際のネットワークに接続せずに連合の実験を開始可能なことを意味します。テストネットワークです。

AT Protocol自体は多数のパーツで構築されています。下位レベルの原形はデータリポジトリ―/Lexicon/DIDです。多数のパーツで構成されていることから、我々が提案するアーキテクチャーが、連合に可能な唯一のものではないことを意味します。

Federation diagram
フェデレーション図 (Federation Architecture Overview – Bluesky)

連合の3の主なサービスはPersonal Data Server (PDS)/Big Graph Service (BGS)/AppViewです。これの他にFeed Gen/Labelerの2の役割を開発中です。

残り5455文字。続きはSilver/Gold会員限定。

Free=0/Bronze=220/Silver=1100/Gold=2200円。

会員登録/ログイン (About Member)。

protocol/ATP/Bluesky visibility/Silver
Share
gnusocialjpFollow
GNU social JP Web

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL