botによるフォーム登録対策のGoogle reCAPTCHA

host/GCE
概要

Webサイトのフォーム入力がボットではなく、本当に人間が行っているかのテストをCAPTCHA (Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart(完全に自動化された、コンピューターと人間を区別する公開 チューリングテスト )) と呼びます。

このCAPTCHAは一種のDoS攻撃への対策にもなり、不正アクセスの防止にもなります。今回、web.gnusocial.jpを会員機能を追加するにあたって、保安対策でGoogleが提供するCAPTCHAサービスのreCAPTCHAを試すことにしたので紹介します。

情報源
  1. reCAPTCHA | Google Developers
  2. CAPTCHAの仕組み | CAPTCHAの意味とは? | Cloudflare
  3. reCAPTCHAとは?必要性や効果、種類などを徹底解説 |マケフリ
内容

reCAPTCHAはGoogleが提供するCAPTCHAサービスです。

フォーム入力時に、「私はロボットではありません」というチェックボックスや、画像試験が表示されることがありますが、これがreCAPTCHAです。

現在利用可能なものは以下の4種類があるようです。

  1. v3: 機械学習による自動判別。
  2. v2: 「私はロボットではありません」というチェックボックス+画像試験。
  3. v2 invisible: 「私はロボットではありません」というチェックボックスを排除したもの。フォーム送信時に自動判定してbotっぽいなら画像試験。
  4. v2 Android

従来のv2だと、

残り196378文字。続きはSilver/Gold会員限定。

Free=0/Bronze=220/Silver=1100/Gold=2200円。

会員登録/ログイン (About Member)。

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL