報道: 中国での天安門事件以来最大の抗議運動「白紙革命」

politics/news

2022年11月末から中国で白紙革命 (A4 Revolution) と呼ばれる抗議運動があって話題だったので紹介します。

情報源

白紙革命は中国で2022-11-26から12月初めにかけて実施されているようです。各地で白い紙などを持って集まり、中国政府のゼロコロナ政策を批判する一連の抗議運動とのことです。

2022-11-24に中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ市で火災が発生しました。この火災は、ゼロコロナ政策で移動を厳しく制限されたため、10人が死亡するなどの被害が拡大したとされています。2022-11-26のこの災害を受けた火災被害者を追悼するための集会が抗議行動の発端とされています。参加者の多くが、言論の自由を奪われた状況を象徴する白い紙を掲げたことから「白紙革命」と呼ばれたそうです。

この白紙革命は、1989年の天安門事件以来最大の反政府デモと広く見られているそうで、日本でも大きく報道されていました。この抗議行動を受けて、中国政府は2022-12-07にゼロコロナ政策を大幅に緩和する方針を発表したとのことです。

抗議運動は中国を中心に行われ、日本でも2022-11-27、2022-11-30に新宿駅付近で在日中国人によりなされたそうです。日本で行われた抗議行動は、秘匿性の高いメッセンジャーのTelegramでグループが作られて開催されたそうです。

2012年に発足した習近平政権では、反政府的な言動の規制が強まり、市民の抗議運動がほぼなくなり、災害の集団追悼なども体制の動揺につながるとして規制対象の可能性があるそうです。

強い言論統制化での言論の自由の確保には、秘匿性の高いソフトウェアが重要のようです。秘匿性が高いというのは、Webアプリケーションでは端的にはJavaScript未使用・非依存ということです。

現代的なWebアプリケーションはReactやVue.jsのようなフロントエンドのフレームワークを使用したJavaScript前提のものが多いので、JavaScript非依存のWebアプリケーションは多くはありません。そんな中、GNU socialはJavaScriptなしでも動作するということで、匿名性を重視するユーザーから有望視されているようです。

匿名性・JavaScript非依存という点に注意を向けることも重要なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました