書評: オタク六法 | 最新動向も考慮したSNS上の問題を網羅した法律のオタクガイドブック

law/book

概要

  • 書名: オタク六法
  • 副題:
  • 著者: 小林, 航太
  • ISBN: 9784046050335
  • 出版: 2022-11-24
  • 読了: 2022-12-21 Wed
  • 評価: ☆5

2022-12-08に公開された「他人の文章を無断でコピペしているのに…バズり目的の「パクツイ」が滅多に罪に問われない理由 日常のやり取りに「創作性」があるか | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)」を見て、内容が良かったので、紹介されていた本書にも興味を持って読みました。

評価

自身もコスプレイヤーとして活動している弁護士の著者が、イラスト・コスプレ、写真撮影、SNSでの交流などオタク活動のハンドブックになる法律本があれば、活動の助けになると発想した本になっています。

内容は以下などを扱っていました。

  • 著作権 (引用、転載、商標、AI、海賊版、ゲーム実況)
  • エロ
  • 誹謗中傷
  • コスプレ・撮影
  • 転売

中でも、著作権に関する内容の比重は大きかったです。後半には、個人事業や相続に関する内容もあり、私はあまり興味なかったのですが、ここまで書くのかと驚きました。

自身が当事者なこともあり、オタク活動での要点を押さえられており、現場目線で実践的な内容でした。

法律所なだけあり、過去の重要判例や関係条文の引用もあり、リファレンスとしても重宝する内容でした。

結論

以下の観点から非常に良い本でした。

  1. SNSで問題になると思われる分野をほぼ網羅
  2. AIや10月に施行された情報開示請求の改正にも言及するなど、最新情勢をカバー
  3. カラフルでイラストも散りばめられたわかりやすい組版
  4. 1500円とお手頃な価格

今後、SNSでの問題を考える際のガイドブックとして、是非手元においておきたいと思える素晴らしい内容でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました