TwitterとMisskeyの同時投稿サービスCaffeBruncher

centralized/Twitter

概要

2022-10-12 WedにTwitterとMisskeyの同時投稿WebサービスのCaffeBruncherが以下の投稿で公開が告知されていました。話題になっていたので紹介します。

かふぇいんぱわぁ☕ (cffnpwr@submarin.online)’s status on Wednesday, 12-Oct-2022 17:12:48 JSTかふぇいんぱわぁ☕かふぇいんぱわぁ☕

せーんでーん!
TwitterとMisskeyに同時投稿するツール「CaffeBruncher」をリリースしました!
6月半ばから開発を始めて、やっとリリースできる段階まで作り上げることができました
よかったら使ってください(TwitterとMisskeyに同時投稿したい人が一体どれだけいるのか……)
それだけです

作者は「かふぇいんぱわぁ@cffnpwr@submarin.online」で、2022年6月半ばから開発を始めていたそうです。

ソースコードが「GitHub – cffnpwr/caffe-bruncher: Tools to post to Twitter and Misskey at the same time.」で公開されています。ライセンスはMITライセンスで、React/Next.jsで開発されているようです。

Webサイトが存在しますが、自分で運営することも可能なようです。

方法

試しに使ってみましたので、簡単に紹介します。

1. まずCaffeBruncherにアクセスします。

2. TwitterとMisskeyの同時投稿サービスなだけあって、TwitterとMisskeyの両方のアカウントへの同時ログインが前提の作りのようです。[LOGIN TWITTER] と [LOGIN MISSKEY] からそれぞれのアカウントにログインします。

3. 画面が切り替わり、投稿画面が表示されます。中央のテキストエリアに投稿内容を入力して [送信] で同時投稿できました。画面上のマークはそれぞれ以下の意味でした。

[内容を隠す] はNSFW相当で、Twitterには下のテキストエリアだけ投稿されるようです。なお、下のマークは [内容を隠す] のみ機能して、他の絵文字、画像添付、アンケートはクリックしても反応がなく、機能しませんでした。環境の問題でしょうか。

4. その他に、右上の [⚙設定] からアカウントと言語の設定がありました。

日本語、英語、中国語の3言語に対応しているそうです。

結論

TwitterとMisskeyの同時投稿WebサービスのCaffeBruncherのリリースでした。

この用途にピンポイントに特化したニッチなサービスでした。クライアントアプリなどで対応したり、IFTTTなどの他の外部サービスでも実現できそうな内容ですが、意外とないのかもしれません。

画像添付、アンケート、絵文字など一部機能が動作しないのは気になりましたが、TwitterとMisskeyのユーザーであれば試すのはありかもしれません。

なお、GNU socialにはTwitter連携プラグインが同梱されており、外部サービスに頼らずとも、設定を有効にすればGSの投稿をTwitterに連携できます。興味があればgnusocial.jpもお試しください。

Comments

  1. This Article was mentioned on web.gnusocial.jp

  2. This Article was mentioned on web.gnusocial.jp

Copied title and URL