機能: Fedibirdの「自分限定」投稿と「投稿禁止する公開範囲」による公開範囲の詳細設定

Mastodon/Fedibird
概要

機能: Fedibirdの絵文字反応件数の非表示と登録日の自分への非表示設定 | GNU social JP」に続くFedibirdの独自機能の紹介です。

「投稿禁止する公開範囲」と「自分限定」投稿という、投稿の公開範囲に関する機能を以下の投稿群で、のえるが紹介していました。

avatar

えっとこれはFedibird Tipsかな。

Fedibirdには『投稿禁止する公開範囲』という設定があります。

公開投稿は絶対しない、というルールで運用している場合など、間違って公開で投稿しないように禁止しておく、などが本来想定している使い方です。

ここの設定はクライアントアプリにも効きます。(エラーになる)

そしてこれがTipsですが、ここで禁止しておくとメニューからも候補が消えるので、使わないとわかっている公開範囲を禁止しちゃって、選択肢をシンプルにするという技があります。

avatar

Fedibirdに『自分限定』という公開範囲があります。

これは、本当に自分だけに限定して公開する(?)投稿ができるもので、まあメモとか日記、あるいは下書きやテンプレートを置いておける場所みたいなものです。

メンションを書いても相手に通知しませんし、リプライにしても相手にはわかりません。何をしても副作用なしで、自分専用に投稿できる機能です。

SNSに常駐している、いつも開いていて不自由なく使っている人の場合、そこにいつものインタフェースで書き込めるのは凄く楽なので、隠れた需要があります。

なにしろこの機能を使っている様子は、他人にはまったく見えないので……w

で、今回、全文検索機能をかなりパワーアップしたので、もの凄くメモとして便利になりました。

というか、さっき自分で使ってみたら便利すぎてびっくりしました。

ちなみに全文検索する際は

is:personal

と付け加えると、自分限定だけを対象に検索できます。

「投稿禁止する公開範囲」の設定は、公開投稿を絶対しない、鍵投稿運用 (機能: Mastodonの鍵マークの意味と鍵アカウントの概念 | GNU social JP) 時に、誤投稿防止のための機能です。オンにすると、メニューから候補が非表示になりシンプルなUIになる利点もあります。

「自分限定」の公開範囲は、自分だけに限定して公開する投稿で、メモなどに使える機能です。メンションも他人に通知されませんし、返信も見えません。自分専用のメモとして使える機能です。「機能: Fedibirdの検索機能強化はMastodon v4.2の検索機能の予習 | GNU social JP」の全文検索時にis:personalを指定すると、自分限定投稿だけを検索できます。

検閲

自分限定投稿の検閲耐性について問答がありました。

この投稿は Gold and Silver の会員限定 (月額Free=0円、Silver=1100円、Gold=3300円) です。記録が目的であり、元投稿の削除・炎上回避、運営費・GNU socialの開発資金などのため会員限定にしています。

このサイトでは分散SNSの話題を1年以上毎日更新しており、情報量、更新頻度は日本一だと思います。最新動向・詳細情報を把握したい人は、会員登録/ログインをお願いします (About Member)。

Comments

Copied title and URL