ガーシーSNS: 広告の変化、FC2高橋vsドワンゴ川上、NHK党立花vsドワンゴ川上、FC2高橋のサロンアプリ

GC2/news
概要

暴露系YoutTuberのガーシー (東谷義和) とFC2創業者の高橋理洋が共同で2022-07-13に設置したSNSのGC2 (通称ガーシーSNS) について、続報がありましたので、1週間分をまとめて取り上げます。

広告の変化

2022-07-28の「ガーシーSNS: ドメイン・サービス名変更、公募ロゴ決定、UI変更・広告設置、寄付受付、ガーシー降臨 | GNU social JP」でGC2に広告が設置されたことをお知らせしました。

当初は「エロ動画検索」と「SkyPhone」 の2種類の広告しかありませんでした。その後8月に入ってしばらくした8/10頃にGC2を確認したところ、これらの代わりに広告スペースは同じで別の広告で10種類以上になっていました。その内容は「Amazon/ボディーソープ/ローヤルゼリー/太陽光発電/ディズニーグッズ買取/すっぽんサプリ/白髪ケア/青魚サプリ/納豆サプリ/ブランド買取/格安航空券予約/遺品整理」でした。

健康食品や買取など広告単価の高そうな広告になっていました。広告のリンク先がcnt.challenging.jpとなっており、「アフィリエイトのチャレンジング・ジャパン – アフィリエイト・プログラム」のASPの広告を掲載していたようです。初めて見かけたややマイナーなASPでした。

ただ、その後8/13に確認したところ、広告の種類がSkyPhoneのみになっていました。何か問題があってASPを拒否されてしまったのか、動画サロン開始間際のため、ユーザーにお金を使わせないように広告を取り下げたのかもしれません。

そのほか、広告の設置場所がホーム画面のトップ、タイムライン内のみになっており、投稿欄の下の広告が除去されたようです。

また、デフォルトのアバター画像もMastodon標準の象から、GC2のロゴをイメージしたものに変わっていました。

なお、前回取り上げたGC2のNHK党立花のアカウントは7月末から投稿がなく、Twitterがメインのようです。

FC2高橋vsドワンゴ川上

前回の速報で取り上げた中にあったドワンゴ川上のブログによる反論を受けて、2022-08-10にFC2高橋がドワンゴ川上との確執についての動画 (ドワンゴ川上氏はヤバい! – YouTube) を投稿しました。

動画の内容は以下のようなものでした。

  • 違法と脱法は異なる。
  • 脱法なのはニコニコ動画も同じ。
  • FC2は法律に従い著作権はきちんと守ってきた。

さらに、前回のガーシーの動画 (ガーシーかえったでーーーーからの即BAN#ガーシー #ガーシー切り抜き #東谷義和 – YouTube) の直後に西村博之が急にガーシーをたたき出したことについて、2022-08-07に投稿された「【ホリエモン】ガーシーを逃亡犯呼びしたひろゆきのTwitterでの嘘の証拠も掲載【堀江貴文 ガーシーch ひろゆき TikTok インスタライブ 立花孝志 高橋理洋 FC2 切り抜き】 – YouTube」を引用して、2022-08-10に以下の投稿をしました。

タイミングが急で不自然であり、ドワンゴ川上の指示ではないか?ということでした。また、ひろゆきも裁判の賠償金を踏み倒しており、支払っていない分ガーシーよりもたちが悪いのではないかという動画がありました。

この件については、ドワンゴ川上から2022-08-08に「ひろゆきの賠償金未払いの真相について(追記あり) – 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記」で西村博之を擁護する補足説明がありました。

さらに連続して、2022-08-09にドワンゴ川上からFC2高橋の動画について「FC2髙橋氏からの反論について(8/11 リライト) – 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記」の反論がありました。内容をかいつまむと以下のようなものでした。

  1. 「ドワンゴの川上さんが、都合のいいことばかりいって、真実を捻じ曲げている」→捻じ曲げている箇所を明確にすべき。
  2. 「ブロマガはFC2の方が先に初めて商標を持っていたのにFC2の商標の取り方が不味くて、後から始めたドワンゴに横取りされた」→ドワンゴが開始したときどちらも商標を持っていなかった。
  3. 「FC2も脱法というのならニコ動も脱法サービスである。」→全然違う。ドワンゴは権利者と解決しようとした。
  4. 「著作権についてはFC2はデジタルミレニアム法を守っている。」→デジタルミレニアム法は日本の法律ではない。日本の法律を守れ。

少し間が空いて、2022-08-12にFC2高橋がドワンゴ川上との確執の続報を「カドカワ川上氏はヤバい2 – YouTube」の動画として投稿しました。

内容は以下のようなものでした。

  • 和解内容提示の経緯。
  • ガーシーの力になりたくて、話題づくりのためにも懸賞金付きのネタ募集を発表した。

その後、2022-08-13のこちらの投稿で、ドワンゴ川上から闘争停止の提案があったことを投稿しました。

後述する、NHK党立花との応酬も受けて、分が悪いと判断したのかもしれません。

さらに、2022-08-14にはドワンゴ川上との確執の続報の動画 (カドカワ川上氏はヤバい!3 – YouTube) を投稿しました。

内容は「ドワンゴ川上がインターネットのブロッキングを推し進めており、その一環でFC2もブロックしようとした」という話でした。

この件については、ドワンゴ川上が以下のコメントをしています。

漫画村などの海賊版サイトは一時期大きな話題になりましたが、その際にドワンゴ川上が絡んでいたというのは初耳でした。

NHK党立花vsドワンゴ川上

前回のガーシーの動画 (ガーシーかえったでーーーーからの即BAN#ガーシー #ガーシー切り抜き #東谷義和 – YouTube)を受けて、ドワンゴ川上がガーシーが所属するNHK党の立花党首に公開質問状を投稿しました。これに合わせて、本人のTwitterアカウント (川上量生(@gweoipfsd)さん / Twitter) を公開しました。

これに対して、当日中にNHK党立花から以下の動画で回答があった。

質問と回答内容は以下のようなものだった。

  1. 「東谷義和議員の行動について、NHK党首としての立場と見解をはっきりとお答えください。」→ガーシーに違法行為があれば謝罪など責任を取る。
  2. 「東谷義和議員は違法な恐喝に思える行動を公然とおこなっており、高い社会的立場だ。」→恐喝とは考えていない。国会議員になったことでむしろ住所がはっきりして裁判しやすくなっている。不逮捕特権であっても罪は問われる。むしろ、ガーシーに対して民事裁判を起こして白黒つけてほしい。
  3. 「今回の東谷議員が海外から国会議員の立場で情報発信をすると違法な行為であっても処罰されにくいということも、分かっていて立花さんは利用されているのでしょうか?」→自分もガーシーの言動はよくわかっておらず、ガーシーの言動は見守るしかない。国民が国会議員として選んだ。同じ国民として見守っている。

恐喝罪が成立するかしないかで、ドワンゴ川上とNHK党立花とで意見が真っ向に分かれている状態となっています。

このNHK党立花の回答が納得いかないようで、ドワンゴ川上は2022-08-13に回答に対するコメントを投稿しました。

内容は「ガーシーやFC2高橋のやり方は、あきらかに恐喝だ」という主張でした。

これに対して、NHK党立花は直接会っての対談を提案しました。

これに対して、ドワンゴ川上は公開書面での意見交換を希望しました。

さらに、NHK党立花は、直接の対談や提訴を推奨しているものの、ドワンゴ川上がどれも乗り気でないことを受けて、以下の投稿で議論を締めくくりました。

これを受けて、ドワンゴ川上は2022-08-14にブログで所感を表明していました。

内容としては、特に目新しいものはありませんでした。

この件に関しては、NHK党立花が議論を停止させたことで、いったん終わりました。

ただ、ガーシーやFC2高橋の行為が、恐喝罪になるかどうかで、根本的な意見が分かれており、素人同士だとこれ以上の進展はないように思いました。

NHK党立花のいうとおり、司法の場で公平な第三者である裁判官の元、判断を仰ぐのがお互いのためのように感じました。

なお、ドワンゴ川上は「入院生活七変化 その1 – 続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記」に投稿した通り、7月に足首を骨折したらしく、入院生活中のようです。提訴や対談が実現するとしたら、9月以降でしょうか。

FC2高橋のサロンアプリ

前回の速報で待望のガーシーの動画サロンの開始時期が8/10-20頃とお伝えしましたが、動きがありました。2022-08-14にFC2高橋が以下の投稿で状況を知らせました。

サロンアプリをガーシーとFC2高橋がうまくいかなかったときに備えて、それぞれ別々に用意していたようです。ガーシー側の開発がうまくいったため、FC2高橋側は無用になり、せっかくなのでFC2高橋が使うようです。

なお、GC2のほうでは、GC2有志がApple Store上でサロンアプリの開発者が誤って公開していたものを発見して、間違って入会されたため、全額返金を行うというトラブルがあったようです。

肝心のFC2高橋のサロンアプリはスマートフォンアプリとなっており、「DRIVELIVE」という名前でAndroidとiOSで公開中のようです。

2022-08-13のくさねこの投稿

肝心のガーシーのアプリの発表はありませんが、FC2高橋側での完成の言及があったため、発表は秒読み段階と思われます。

結論

ガーシーSNS GC2の続報を取り上げました。

GC2自体はひそかな変更があるくらいで、ドワンゴ川上との闘争が今週のメインの話題でした。最後の最後にFC2高橋のアプリの発表がありました。今後、FC2高橋から正式な告知があるかもしれません。

肝心のガーシーの動画サロンの発表はまだでしたが、もう間もなくの発表になりそうです。FC2高橋側はスマートフォンアプリで、分散SNS実装は使わない形のようでした。

監視対象にドワンゴ川上が加わり、続報を追いかけるのがやや慌ただしくなりました。NHK党立花が議論を手短に締めくくったことで助かりました。

ガーシーの動画サロンの続報を楽しみに、またウォッチしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました