Apache HTTP Serverでの常時HTTPS化の設定

develop/server

GNU socialを始めとした分散SNSをApache HTTP Serverで動作させる際の常時HTTPS化の設定を記します。

概要

Webサイト全体を常にHTTPSで表示することを常時HTTPS化と呼んでいます。

インターネットでWebサイトを表示する際はHTTPのプロトコルがベースになっています。しかし、HTTP自体は暗号化通信をしていないため、外部から盗聴可能などセキュリティー面で問題がありました。これを改善するため、HTTPをTLSで暗号化したHTTPSという通信プロトコルが誕生しました。

2010年頃まではHTTP通信が主流でしたが、2014-08-07にGoogleがHTTPSを検索ランキングに考慮しだしてから、HTTPSに対応するための無料のサーバー証明書を発行するLet’s Encryptの設立など、インターネット上でHTTPSの普及が一気に広がっていきました。

近年ではHTTPSでWebサイト全体を表示することが常識的になってきています。ただし、常時HTTPS化を行うには、HTTPからHTTPSへのリダイレクトなどいくつか必要な手順があります。

管理人の知る限り、ほとんどのレンタルサーバー・共用サーバーで採用されているWebサーバーはApache HTTP Server (httpd) です。そこで、Apacheでの常時HTTPS化の設定を記します。

結論としては、公開ディレクトリー直下の.htaccessに以下の内容を追記すればOKです。

残り6411文字。続きはFree/Bronze/Silver/Gold会員限定。

Free=0/Bronze=220/Silver=1100/Gold=2200円。

会員登録/ログイン (About Member)。

develop/server visibility/Free
Share
gnusocialjpFollow
GNU social JP Web

Comments

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカー検知/Ads Blocker Detected

このサイトは会費と広告で運営されています。[Bronze=月220円以上に登録] するか、広告ブロッカーを無効にしてください。

This site is operated by membership and advertise. Please [register at least Bronze=220 JPY/month], or disable ads blocker.

Copied title and URL